このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1381
タイトル: SCM 推進部門の役割を分析する視点 : ラインとスタッフ論とプロセス変革論からの知見
その他のタイトル: Analytical viewpoints on the role of supply chain management steering department : Insights from line-and-staff and process change theories
著者: 中野, 幹久
松山, 一紀
NAKANO, Mikihisa
MATSUYAMA, Kazuki
発行日: 2016-03
出版者: 京都産業大学マネジメント研究会
抄録:  本稿が焦点を当てるのは,製造業のサプライチェーン・マネジメント(Supply Chain Management: SCM)において,プロセスの変革を企画・推進する「SCM 推進部門」である.ラインとスタッフ論とプロセス変革論の文献レビューにもとづいて,同部門の役割を分析する視点を整理する.  結果,サプライチェーン・プロセスの変革の段階にそって,SCM 推進部門の職能や権限を分析することが有効であることがわかる.加えて,同部門は知識や能力にもとづく権威を持つのかどうか,経営や事業のレベルのマネジメントにどの程度関与しているのか,結局,同部門は何が専門なのか,といった視点も獲得する.
URI: http://hdl.handle.net/10965/1381
ISSN: 1347-5304
出現コレクション:第28号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
KMR_28_19.pdf403.97 kBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。