このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/998
タイトル: 京都産業大学における日本型コーオプ教育(産学協働教育)の構築と展開について : 日本を救う「むすびわざ力」育成の経緯と課題
著者: 森, 洋
後藤, 文彦
中川, 正明
林, 誠二
坪田, 昌也
MORI, Hiroshi
GOTO, Fumihiko
NAKAGAWA, Masaaki
HAYASHI, Seiji
TSUBOTA, Masaya
主題: コーオプ教育;インターンシップ;キャリア教育;産学協働;PBL;教育文化;むすびわざ
発行日: 2013-03-31
出版者: 京都産業大学
抄録:  京都産業大学は、2001年に本学独自のインターンシップを開始し、日本型コーオプ教育(産学協働教育)へと展開してきた。京都産業大学における日本型コーオプ教育(産学協働教育)がどのように構築・展開されたのかについて、この10年間を振り返ると共に、これからの学士課程教育における位置づけや方向性および今後の課題に関して、インターンシップ開始当時の初期メンバーによる座談会1)を開催した。本稿は、この座談会において振り返った、本学の教育文化に根差した本学独自の産学協働教育による「学生の体験に基づいた主体的な学び」の育成についても、特筆すべき点を取りまとめた。今後の京都産業大学内外におけるコーオプ教育2)の実践者の自己研鑽・実践・研究の一助となれば幸いである。
URI: http://hdl.handle.net/10965/998
ISSN: 2186-2907
出現コレクション:第03号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
FHER_3_51.pdf2.07 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。