このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/854
タイトル: 課題解決型授業の実践報告 : 独善性の排除と主体性の維持
著者: 木原, 麻子
後藤, 文彦
KIHARA, Asako
GOTO, Fumihiko
主題: 課題解決型授業;PBL;主体性;独善性;教員のかかわり方
発行日: 2012-03-31
出版者: 京都産業大学
抄録: 本稿は、成功裏に終わった課題解決型授業に関する実践報告である。課題解決型授業は学習者の主体性を重んじる学習スタイルであり、うまく運用されれば大きな成果をもたらすことが知られている。ところが、学習者の主体性は独善性に陥りやすく、授業の成否は教員のかかわり方にかかっているといわれている。しかし、そのかかわり方を定型化するには困難がともない、それが、この学習スタイルの弱点の1つになっている。 定型化が難しい場合、成功事例を手本にすることがよくある。本稿は、成功事例を用いて、その事例における教員のかかわり方を整理して示している。
URI: http://hdl.handle.net/10965/854
ISSN: 2186-2907
出現コレクション:第02号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
FHER_2_55.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。