このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/838
タイトル: 大学生の学業成績と知能構造およびメンタル特性との関係に関する実証研究 : 就業力育成のための教育システムの洗練に向けて
著者: 後藤, 文彦
GOTO, Fumihiko
主題: 就業力;大学教育;大学生の学業成績;知能構造;メンタル特性
発行日: 2011-03-31
出版者: 京都産業大学
抄録: この研究の目的は大学生の学業成績と彼らの知能構造およびメンタル特性との関係を明らかにす るところにある。ところで、これまでの研究によって、効果的な教育システムをとれば、学生の知能構造 やメンタル特性は強化されることが分かっている。したがって、この研究の成果を踏まえて、たとえば専 門知識や知能構造、メンタル特性といった就業力の主たる要素を強化するための効果的な教育シス テムを開発することが可能になる。 学業成績は、学習能力と学習意欲とにかかっているということには疑問の余地はないであろう。本研 究では、学業成績は GPA で測定される。そして、学習能力の測定には知能構造を測定する検査が 用いられ、学習意欲の測定にはメンタル特性検査が用いられる。 101名の学生が分析対象にされ、次のような結果を得た。すなわち、高い知能構造を持った学生や 高いレベルのメンタル特性を持った学生のGPAの方が優れている確立が高いことが明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/10965/838
ISSN: 2186-2907
出現コレクション:第01号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
FHER_1_3.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。