このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/743
タイトル: デザイン家具メーカーにおける独自能力の構築 : 天童木工を例に (ロマノ・ヴルピッタ名誉教授記念号)
著者: 井村, 直恵
IMURA, Naoe
発行日: 2011-10
出版者: 京都産業大学マネジメント研究会
抄録: 日本の家具製造では,全国にいくつかの家具クラスターが存在する.それらの家具クラスターは,デザイン性を追求 するよりも,社会的分業による生産機能を担っているが,デザインを重視し,長く残るデザインを造ることを目的とし た家具ではない.日本にはデザイン性の高さを特徴とする家具メーカーは少ない中で,天童木工は有名なデザイナーの 家具を数多く手がけて,長く残るデザイン家具のメーカーとして有名である.天童木工の本社がある山形は主要な家具 クラスターのある地域ではない.いかにして家具クラスターのない地域で,天童木工は現在のような独自性を構築して きたのか.本研究では,成形合板技術が家具に用いられるようになって以来,一流デザイナーとのコラボレーションを行っ てきたことにより,成形合板を加工する微妙な技術を持ち,それは模倣困難な技術であること,などを指摘した.
URI: http://hdl.handle.net/10965/743
ISSN: 1347-5304
出現コレクション:第19号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
KMR_19_81.pdf850.71 kBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。