このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1403
タイトル: 地方自治体の災害リスクガバナンスにおけるソーシャル・キャピタルの重要性について
著者: 吉澤, 朋子
主題: ソーシャル・キャピタル;統合指数;社交性指数;人的大被害;災害リスクガバナンス
発行日: 2017-03
出版者: 京都産業大学通信制大学院経済学研究会
抄録: 本稿では、増加傾向にある自然災害などの危機に際して、地方自治体が当該地域で形成されるソーシャル・キャピタルを活用し、災害リスクガバナンスを形成することの重要性を指摘する。そのため、新たにソーシャル・キャピタル指数の一つとして社交性指数を設定し、地域のソーシャル・キャピタルが充実していればその地域の防災力が高まると仮定して実証分析を行った。その結果、ソーシャル・キャピタルの中でも特に社交性指数が有意に人的大被害を抑制できることが認められた。また、社交性指数を高めるには、住民の日常的な行動が必ずしも防災に特化している必要は無く、様々な地域コミュニティ活動に参加することでソーシャル・キャピタルを高め、そのことにより災害リスクを減少させることが可能となると推察できた。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1403
ISSN: 2188-0697
出現コレクション:第04号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
KSUER_4_36.pdf1.54 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。