このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1351
タイトル: 海外語学研修の調査課題からみたタイと日本の比較に関する考察
その他のタイトル: Report on Comparison of Thailand and Japan through the English Language Training in Language Institute Chiang Mai University
著者: 今村, 良平
米山, 昂佑
金子, 暁
木津, 夏月美
IMAMURA, Ryohei
YONEYAMA, Kosuke
KANEKO, Satoshi
KIZU, Natsumi
主題: 海外語学研修;グローバル;タイ・チェンマイ;文化比較
発行日: 2016-03-31
出版者: 京都産業大学
抄録: 近年,大学にグローバル人材の育成が求められており,事務職員の国際的な資質を高めることを目的として,各大学が事務職員対象の海外研修を実施している。京都産業大学は,2012 年に文部科学省の「グローバル人材育成推進事業」に採択されたこともあり,毎年海外語学研修を実施している。2015 年8 月には,タイのチェンマイ大学附属語学センター(Language InstituteChiang Mai University。以下、LICMU とする)にて,昨年に引き続き語学研修が実施された。グローバル人材は,以下の3 つの要素で定義される。①語学力・コミュニケーション力,②主体性・積極性,チャレンジ精神,協調性・柔軟性,責任感・使命感,③異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティーである。今回の研修では,英語トレーニングとは別に研修課題として,自身の興味や業務内容に関するテーマによる調査が求められた。本稿では,定義の1 つである「異文化に対する理解」を意識し,参加者4 名の調査に関する報告および研修に対する振り返りを行う。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1351
ISSN: 2186-2907
出現コレクション:第06号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
FHER_6_71.pdf308.95 kBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。