このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1346
タイトル: ファシリテーションを組み込んだアクティブラーニング・パッケージの有用性について
その他のタイトル: Verifying the Usability of ‘Facilitation-integrated Active Learning Package’
著者: 鬼塚, 哲郎
中沢, 正江
鈴木, 陵
大谷, 麻予
中尾, 麻衣
井上, 正樹
富山, 雄一郎
中西, 勝彦
ONITSUKA, Tetsuro
NAKAZAWA, Masae
SUZUKI, Ryo
OTANI, Asayo
NAKAO, Mai
INOUE, Masaki
TOMIYAMA, Yuichiro
NAKANISHI, Katsuhiko
主題: 大学教育;アクティブラーニング;授業設計;学習支援;ファシリテーション
発行日: 2016-03-31
出版者: 京都産業大学
抄録: 近年、教員がどう教えるかに主眼を置いた「教育」から、学生が何をどう学ぶかに主眼を置いた「学習」へのパラダイム転換が活発に議論されるようになった。これに伴い、学習者による能動的な学習活動を授業に組み込んだ「アクティブラーニング型授業」への関心が高まっている。2009 年に開設された京都産業大学F 工房はこれまで、ファシリテーションに関する理論をふまえつつ、主にキャリア教育や学部ゼミの領域で学習支援を行い、ファシリテーションのノウハウ を蓄積してきた。筆者は、蓄積されたファシリテーションのノウハウをアクティブラーニング型授業の設計に組み込んだ教育支援ツールを開発し、この有用性を質問紙調査とヒアリング調査によって検証している。本稿では、開発した教育支援ツールの概要について述べるとともに、その有用性についての予備調査の結果を報告する。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1346
ISSN: 2186-2907
出現コレクション:第06号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
FHER_6_19.pdf396.73 kBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。