このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1338
タイトル: 福島第一原発事故関連報道と象徴暴力(上)
その他のタイトル: Symbolic violence in media discourse on recovery from the Fukushima nuclear power plant accident
著者: 荒井, 文雄
ARAI, Fumio
主題: 原子力発電所事故;新聞報道;批判的言説分析;象徴暴力;メディアリテラシー
発行日: 2016-03
出版者: 京都産業大学
抄録: 東京電力福島第一原子力発電所の過酷事故から数年が経過し,放射能汚染地から避難した住民は,原子力エネルギー政策の継続を掲げる政府の方針によって,被災地の復興のために,ふるさとへの帰還をうながされている。この論考では,原発事故後の帰還と復興をうながす言説を,〈象徴暴力〉の観点から分析する新たなアプローチを取った。〈象徴暴力〉とは,フランスの社会学者ピエール・ブルデューによる概念で,被支配者が自分から支配を正当化して受け入 れるメカニズムの中心をなす。帰還と復興を暗示的に推奨する新聞記事の分析をとおして,これらのメディア言説が〈象徴暴力〉の特性を持ち,その効果を発揮していることを示した。なお,「福島第一原発事故関連報道と象徴暴力(上)」では,論考全体のうち,前半部1 ~ 3 章を分割してとりあげた。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1338
ISSN: 0287-9727
出現コレクション:第49号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
AHSUSK_HS_49_465.pdf1.54 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。