このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1328
タイトル: Potential for Changes : Learner-Centered Approaches to Second Language Teaching in Japan
その他のタイトル: 大学英語教育における新たな潮流 : Learner-Centered Approach を基盤とした教授法の展開
著者: HOLSWORTH, Michael
USUKI, Takeshi
KOSHIBA, Kenta
ホールズワース, マイケル
臼杵, 岳
小柴, 健太
主題: learner-centered;pedagogy;facilitator;content-based;Weimer’s five keys
発行日: 2016-03
出版者: 京都産業大学
抄録: This paper introduces the idea of adopting a Learner-Centered Approach into second language teaching in Japan. First, it discusses the importance and effectiveness of Learner-Centered Approach based on the previous research. Then, it presents three case studies of courses at the university level that employ the pedagogical approach, and explores how Weimer’s (2013) five key changes can be applied. Finally, recommendations for facilitating the shift from teacher-centered to learner-centered pedagogy are provided.
URI: http://hdl.handle.net/10965/1328
ISSN: 0287-9727
出現コレクション:第49号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
AHSUSK_HS_49_241.pdf1.96 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。