このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1321
タイトル: スペイン語の前置詞句dentro de の時間表現について
その他のタイトル: On the temporal expressions of Spanish dentro de
著者: 三好, 準之助
MIYOSHI, Jun-nosuke
主題: dentro de;期間;終端時点;指示方法;規範文法
発行日: 2016-03
出版者: 京都産業大学
抄録: スペイン語の前置詞句dentro de には,空間の意味の名詞(句) を伴うとき「~の中で,~の範囲内で」の意味を表現するが,時間(期間)の意味の名詞(句)が続くと「~の期間のなかで」という期間内の意味と,「~たったら,~のあとに」という終端時点の意味を表現する。もともとdentro という副詞は空間やそれに準じる概念の内部を指しているから,dentro de になって空間の名詞句に前置されると「(その空間)のなかで」という意味を表現するのは合理的に理解される。しかし時間の語句を従えると,その時間内を指したり期間の終端時点を指したりする。なぜそのような2 種類の時間指示が可能なのであろうか。本稿はそのようなdentrode に関する疑問に関して筆者なりの仮定的な解答を考察し,報告するものである。そして,期間の計測起点の指示方法(眼前指示か文脈指示か),期間内の表示,終端時点の表示,スペインの中世と現代との用法の違い,現代のスペインとスペイン系アメリカとの用法の違いなどに言及する。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1321
ISSN: 0287-9727
出現コレクション:第49号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
AHSUSK_HS_49_103.pdf1.58 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。