このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1319
タイトル: 近代日本における博物館政策の展開
その他のタイトル: Museum Policy in Modern Japan
著者: 並松, 信久
NAMIMATSU, Nobuhisa
主題: 博物館;博覧会事務局;内務省;宮内省;博物館政策
発行日: 2016-03
出版者: 京都産業大学日本文化研究所
抄録: わが国の博物館は明治期に設立されたが、その所管は文部省、博覧会事務局、内務省、農商務省、宮内省と移行していった。所管が変更になるたびに、博物館の方針は大きく転換する。従来の研究では、博物館の方針が変わった点は明らかになっているものの、西欧に倣った博物館をつくるという博物館政策の目的が達成されたのかどうかは明らかになっていない。言い換えれば、博物館を創造的な場にできたかどうかは不明である。 本稿は博物館政策の展開を追って、各時期における博物館の特徴を明らかにし、博物館はその名称の変更をしていくが、一貫性を保っていたかを考察した。わが国の博物館は連続性に乏しく、一貫性に欠けていた。それが現在に至るまで博物館という施設が、量的には多くなったものの、質的には欧米に比べて貧弱である原因と考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1319
ISSN: 1341-7207
出現コレクション:第21号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
BIJCKSU_21_291.pdf701.9 kBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。