このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1130
タイトル: 学生FDサミット2013年夏 分科会開催報告 : それでも僕は考えたい 学生FDの「思い」
その他のタイトル: A Session Report on Our Thoughts towards Student-initiated Faculty Development
著者: 若宮, 健
乙倉, 孝臣
越山, 沙紀
坂本, 由香
竹谷, 美里
中沢, 正江
森脇, 可奈子
WAKAMIYA, Takeshi
OTOKURA, Takaomi
KOSHIYAMA, Saki
SAKAMOTO, Yuka
TAKETANI, Misato
NAKAZAWA, Masae
MORIWAKI, Kanako
主題: 学生FD;個々の思い;分科会の構成手法;大学共創
発行日: 2014-03-31
出版者: 京都産業大学
抄録:  FD活動、特に学生FD活動において、FDに関わる個々人のFD活動への思いは非常に大切であり、メンバー間や教職員との思いのぶつけ合いによって活動を成功させることができる。そう考えると、各大学の学生FD活動を推進させている要因として「思い」に着目し、FD活動の質の向上につなげることは有意義ではないだろうか。本稿では、京都産業大学学生FDスタッフ燦が取組んだ学生FDサミット2013夏での分科会「それでも僕らは考えたい 学生FDの『思い』」について報告する。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1130
ISSN: 2186-2907
出現コレクション:第04号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
FHER_4_115.pdf2.29 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。