このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1118
タイトル: キャリア教育としての産学連携教育が卒業生の仕事満足要因に与える影響に関する実証的研究
その他のタイトル: An Empirical Study on the Effects of Internship/Co-op Programs as Career-oriented Education on Factors of Job Satisfaction of Alumni
著者: 後藤, 文彦
大西, 達也
GOTO, Fumihiko
ONISHI, Tatsuya
主題: 産学連携教育;教育効果;卒業生;仕事満足度;仕事満足要因
発行日: 2014-03-31
出版者: 京都産業大学
抄録:  京都産業大学卒業生を対象にして、キャリア教育としての産学連携教育の効果を確かめたところ、統計的に有意な効果が実証された。調査対象は2006~2009年度の本学卒業生10,383名で、有効集計対象率は13.0%であった。  卒業生の仕事満足要因について、産学連携科目履修者群と産学連携科目非履修者群とを比較した結果、以下の知見を得た。  (1)仕事満足度に関しては、両者の間に統計的に有意な差は認められなかった。  (2)仕事満足要因に関しては、両者の間に違いがみられた。すなわち、産学連携科目履修者群の仕事満足要因には、仕事ないし職場要因と自己要因とが認められた。それに対し、産学連携科目非履修者群の仕事満足要因には仕事ないし職場要因しか認められなかった。  (3)両者の違いを解釈した結果、産学連携教育のキャリア教育としての意義が確かめられた。   ①産学連携科目履修者群は持論を持っている。   ②産学連携科目履修者群は自己を承認している。  本研究によって、産学連携教育のキャリア教育としての意義は仕事満足要因の観点から実証された。しかし、産学連携教育の何がそうさせたのかは今後の課題として残されている。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1118
ISSN: 2186-2907
出現コレクション:第04号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
FHER_4_1.pdf2.18 MBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。