このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10965/1050
タイトル: 弧弾力性のシミュレーション分析 : 離散と連続の問題の一例として
著者: 山田, 勝裕
YAMADA, Katsuhiro
主題: 弧弾力性;点弾力性;シミュレーション;Min 方式;離散と連続
発行日: 2014-03
出版者: 京都産業大学
抄録: 弧弾力性は、始点、終点をもち、ベースの取り方によって弾力性値は異なるが、どの方式の弧弾力性値も終点を始点に近づけると、同じ点弾力性値に近づく。しかしながら、伝統的弾力性の定義を満足する弧弾力性は、対数方式、Max 方式、Min 方式、加重方式であり、始点方式、終点方式、偽加重方式は満足しない。また、0 <η< 1 のケースでは、弾力性値は、Min 方式の弾力性値≦加重方式の弾力性値≦ Max 方式の弾力性値の順で、Min 方式の弾力性値< Max 方式の弾力性値であり、η> 1 のケースでは、Min 方式の弾力性値≧加重方式の弾力性値≧ Max 方式の弾力性値の順で、Min 方式の弾力性値> Max 方式の弾力性値である。筆者は図解が役立つ理由から、Min 方式を推奨する。
URI: http://hdl.handle.net/10965/1050
ISSN: 0287-9719
出現コレクション:第31号

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
AHSUSK_SSS_31_1.pdf399.89 kBAdobe PDF見る/開く


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。